2013年04月25日

縫い代が出ない「甚平」をつくる


ラ・スーラのお店は
こちらからどうぞclick♪




今日は、縫い代を隠した甚平の作り方のご紹介です。


ji-orifuse (7).jpg

ji-orifuse (9).jpg


通常、縫い代の始末はジグザグステッチやロックミシンを使用しますが、

今回はジグザグステッチなし、直線ミシンのみで仕上げました。


縫い代は「折り伏せ縫い」「割り伏せ縫い」を使って処理を。

縫い代が隠れて裏もスッキリきれいに仕上がります。


出来上がりはきれい! & 丈夫につくれるので、

元気なお子様におすすめ!



ただ、辛口「注意点」として


 面倒です。& 細かい作業になりますので、中級者・上級者向けです。


 生地はゆかた地、ブロード・サッカー地・リップル地など、さらっと薄い生地で。

ダブルガーゼは、生地が2枚重なっているという性質なので、非常に縫いにくい、

挑戦しないほうが無難です。


 アイロンを使う工程が多いです。暑い日はさけましょう。



では、作り方を!

裁断はいつも通り、縫い代1cmで

ji-orifuse (3).jpg


まず後ろ中心は「折り伏せ縫い」

270p1ji-orifuse.gif


お袖の袖下は「割り伏せ縫い」

270p2ji-orifuse.gif


脇・スリットは「割り伏せ縫い」

270p3ji-orifuse.gif


袖ぐりも「割り伏せ縫い」

270p5ji-orifuse.gif


パンツの股ぐりと股下は「折り伏せ縫い」

270p4ji-orifuse.gif


「折り伏せ縫い」「割り伏せ縫い」はアイロンを駆使して使うときれいに仕上がります。



私にとって一番大変だったのは、袖ぐり〜袖下の「割り伏せ縫い」でした。

袖と身頃をぴたっと縫いつけることが出来ると簡単ですが、

少しでもずれてしまうとなかなかきれいになりません・・・

でも、表からは見えないのでOK?かな。

出来上がると、内側もすっきりきれいで、満足感グッド(上向き矢印)


「折り伏せ縫い」の縫い方はこちらのサイトがわかりやすいです → 

「割り伏せ縫い」の縫い方はこちらのサイトがわかりやすいです → 




ji-orifuse (1).jpg



追加

当店の型紙・レシピをご利用のお客様へ


作り方の順番

甚平

レシピ「1」〜「6」まで縫い、

「7」のジグザグステッチは「折り伏せ縫い」

「8」〜「9」まで縫い、「10」は縫わない。

「11」〜「18」まで縫い、

「19」と「20」のジグザグステッチはなし。(本縫いのみ)

「21」「22」は飛ばし、「23」〜「24」を縫う。

「24」は本縫いの後に「割り伏せ縫い」。

「25」〜「26」を縫った後に

袖ぐりと脇の縫い代始末(割り伏せ縫い)をしてください。

そして最後に「21」〜「22」を縫い、出来上がり。



パンツ

レシピ「1」のジグザグステッチは「折り伏せ縫い」

「2」〜「3」まで縫い、

「3」のジグザグステッチは「折り伏せ縫い」

「4」〜「7」を縫い、出来上がり。





どうぞ、お店も覘いてくださいね。
la-suila




ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by スーラ at 12:30| 甚平・ロンパース甚平 | 更新情報をチェックする