人気記事

    2015年04月28日

    「カーブ」と「直線」をきれいに縫い合わせる


    ラ・スーラのお店は
    こちらからどうぞ




    270p15round.jpg

    ラウンドバッグ サイズM・L



    ラウンドバッグの底は丸くなっています。

    円底と本体を合わせて縫う部分はカーブになるので、

    きれいに縫うのは、少し難しいかもしれません。


    そこで私がいつも気をつけている点を一つ・・・



    270p9round.jpg



    添付写真のピンクのラインが縫い合わせるところです。
    正しい

    ositumon3.gif


    慣れない方は、縫い代の端同士を合わせてしまいがちですが、

    1cm内側(添付写真赤ライン)同士を合わせて

    縫う(まち針をとめる)方法が正しく、きれいに縫うコツです。


    間違い

    ositumon4.gif

    縫い代の端を合わせると、片方の生地が余って

    しまう&きれいなカーブになりません。


    また、生地がしっかりしている場合、縫製後、

    カーブ部分の縫い代に切り込みを入れていただくと

    表にひっくり返した時にきれいなカーブになります。



    円底を上にしてミシンで縫うのか、本体側を上に縫うのかは・・・

    悩みどころですね・・・

    どちらを上にしてミシンを縫うかはお好みですが、

    私は本体側を上にして縫っています。



    ポケットがたくさんついているラウンドバッグは、

    スポーツクラブなどのお出掛けにも便利です。

    Lサイズは脇ポケットにペットボトルがすっぽり入ります。


    270p12round.jpg

    マグネット付、内ポケットが3つ付いています。


    270p4round.jpg

    540p13-1round.gif

    取り外し可能なショルダーひもも作れます。




    上記の2点のキルティング生地はソレイヤードさんの生地です。素敵です→ 






    ブログランキング・にほんブログ村へ





    posted by スーラ at 16:27| ソーイングのこつ | 更新情報をチェックする