人気記事

    2016年01月15日

    新しい 職業用ミシン がやってきました。レポート1

    ラ・スーラのお店は
    こちらからどうぞ




    misin-2.JPG


    新しい 職業用ミシン がやってきました。
    JUKI SL−300EX


    使っているミシンが不都合での購入ではありません。
    (愛用中のミシンは20年前のブラザーの職業用ミシン、
    全く問題なくとてもきれいに縫えています)
    職業用ミシンは丈夫です!

    職業用ミシンは、色々な機種があるので迷いますよね・・・


    お値段が上がれば上がるほど、色々な機能がついて便利なのは確かです。
    でも、格段に仕上がりがきれいなわけではありません。
    (家庭用ミシンと職業用ミシンでは、出来上がりははっきりと
    違ってしまいますが)

    やっぱり縫った数だけ、出来上がりがきれいになるので、
    ご予算にあった機種で良いと思います。


    今回の JUKI SL−300EX は最新の機種になりますので
    ちょっとお値段も高いです。
    このミシンを選んだのは、最新の機能を使ってみたかっただけ・・・
    それと、仕事で使うので作業効率(自動糸切り)も考えました。



    さて、本題の 職業用ミシンが届いたら・・・


    @ 箱から出します
    (しっかり梱包してあるので、ちょっと力仕事です)

    A 説明書とすべての付属品があるかチェック

    misin-1 (1).JPG




    B ミシンの各部の場所を説明書と照らし合わせる(なんとなく)
    その時に乾いた布でミシンを拭きました
    (仕上げの油がうっすら付いていたので…)

    misin-1 (2).JPG




    C フットコントローラーと電源コード・補助テーブルを付ける
    (私は補助テーブルは使っていないです…)

    misin-1 (3).JPG




    D ボビン(下糸)を巻きます。

    misin-1 (4).JPG




    E ボビンケースにボビンを入れます。
    (入れる向きに注意! 家庭用ミシンと同じです)

    misin-1 (5).JPG




    F 上糸をかけます。
    (説明書をしっかり見ながら)

    misin-1 (6).JPG




    G 試し縫い
    (この時にミシンの音を聞いてみてください、
    始めはちょっと重い音がするかもしれません)

    misin-1 (9).JPG



    H ミシン油を差します
    (ミシン屋さんから、一番初めに注油してくださいとのこと)

    misin-1 (7).JPG



    I 試し縫い
    (油を差したからか、ちょっと音が軽くなったかな…?)

    misin-1 (10).JPG




    <本日の正直な感想>

    20年以上愛用してきた職業用ミシンの方が、
    軽い音がして私の手に馴染じみ気持ちよく縫えます。

    家庭用ミシンなども新しいミシンの使い始めは、ちょっとぎこちない感じが
    しますのでこんなものだろうというのが感想です。

    ミシンは使いこなすうちに馴染んでくるのでこれから縫うのが楽しみです。
    (自動車や自転車と同じで、定期的に使うことが大切です)

    ミシンの縫い目の調子などは問題なくきれいです。
    そして、自動糸切りは便利そう!



    これで、ミシンのセッティングは終わりです。

    何を縫おうか楽しみです!

    次回、作成感想をご報告しますね



    もしよろしければ、お店も覗いて見てください → 





    最後までお読みいただきありがとうございました。
    もしよろしければ、クリックお願いします。
    ブログランキング・にほんブログ村へ





    posted by スーラ at 11:15| ソーイングのこつ | 更新情報をチェックする