人気記事

    2015年04月28日

    「カーブ」と「直線」をきれいに縫い合わせる


    ラ・スーラのお店は
    こちらからどうぞ




    270p15round.jpg

    ラウンドバッグ サイズM・L



    ラウンドバッグの底は丸くなっています。

    円底と本体を合わせて縫う部分はカーブになるので、

    きれいに縫うのは、少し難しいかもしれません。


    そこで私がいつも気をつけている点を一つ・・・



    270p9round.jpg



    添付写真のピンクのラインが縫い合わせるところです。
    正しい

    ositumon3.gif


    慣れない方は、縫い代の端同士を合わせてしまいがちですが、

    1cm内側(添付写真赤ライン)同士を合わせて

    縫う(まち針をとめる)方法が正しく、きれいに縫うコツです。


    間違い

    ositumon4.gif

    縫い代の端を合わせると、片方の生地が余って

    しまう&きれいなカーブになりません。


    また、生地がしっかりしている場合、縫製後、

    カーブ部分の縫い代に切り込みを入れていただくと

    表にひっくり返した時にきれいなカーブになります。



    円底を上にしてミシンで縫うのか、本体側を上に縫うのかは・・・

    悩みどころですね・・・

    どちらを上にしてミシンを縫うかはお好みですが、

    私は本体側を上にして縫っています。



    ポケットがたくさんついているラウンドバッグは、

    スポーツクラブなどのお出掛けにも便利です。

    Lサイズは脇ポケットにペットボトルがすっぽり入ります。


    270p12round.jpg

    マグネット付、内ポケットが3つ付いています。


    270p4round.jpg

    540p13-1round.gif

    取り外し可能なショルダーひもも作れます。




    上記の2点のキルティング生地はソレイヤードさんの生地です。素敵です→ 






    ブログランキング・にほんブログ村へ





    posted by スーラ at 16:27| ソーイングのこつ | 更新情報をチェックする

    2015年04月02日

    生地裁断 「 地の目 」 と 「 わ 」 について

    ラ・スーラのお店は
    こちらからどうぞ




    なんとなくわかっているけど、わからない洋裁用語。
    一度覚えておくと、便利です。


    質問  布地の「たて地」とは、どこですか?



    答え  布地の方向は「たて地」 と 「よこ地」
    「バイアス」などがあります。
    それぞれ、ひっぱると伸びる大きさが違います。
    一般的に「たて地」が一番伸びません。

    kiji3.gif




    質問  「型紙の地の目」「布地の地の目」平行
    合わせるとはどのようにすればいいのでしょうか?



    答え  「型紙の地の目」は、「布地のたて地」になります。
    「たて地」 = 「布の耳」 になりますので、
    布の耳 と 型紙の地の目を平行(同じ向き)に合わせてください。    

     kiji5.gif

    kiji6.gif




    型紙の中によく出てくる専門用語 「 わ 」 

    kiji4.gif

    「わ」の、記号の場所は、布地を半分に折って裁断します。

    質問 「わ」は伸びない生地の方向でしょうか?



    答え  「わ」は伸びない方向という意味ではありません。
    布地を2つ折りにし、折り山を中心に型紙を置いて裁断し、
    広げると左右対称になっていることです。

    kiji7.gif



    以上です。
    作成中に?の部分は遠慮なくお店に質問してくださいね。









    最後までお読みいただきありがとうございました。
    もしよろしければ、クリックお願いします。
    ブログランキング・にほんブログ村へ





    posted by スーラ at 10:44| ソーイングのこつ | 更新情報をチェックする

    2015年01月28日

    職業用ミシン




    ミシン1-(1)400p.gif

    私が、26年間愛用している「職業用ミシン」です。


    家庭のソーイングで使うミシンは、
    「家庭用ミシン」
    「職業用ミシン」
    「ロックミシン」
    の3種類があります。

    今日はその中の、「職業用ミシン」について少し書いてみます。

    私は仕事もありますので、上記3種類のミシンを使用していますが、

    (仕事では家庭用ミシンが多いです、当店は初心者の方も!ですので)

    プライベートは、「職業用ミシン」を溺愛しています。

    利点は、3点!

    1、パワーがあるので、厚地も縫える
    (しっかりバッグもビシッと縫えます)

    2、縫い目がきれい
    (生地の凸凹も、ぶれません。 ← 個人的意見
    縫い代の重なり部分が、きれいにスムーズに縫えるとストレスなし)

    3、スピードが早い
    (カーテンなど、たくさんの距離を縫う時は短時間でダダっと)

    そして、長持ち

    職業用ミシンは「直線縫い」の、シンプルなミシンです。
    シンプルな分、故障しにくいです。

    私の使っている「AKITA SPECIAL AKT−7」は
    ブラザーの職業用ミシンで、26年前に購入したミシンです。
    (もちろん現在は発売されておりません)

    一度も修理等に出したこともなく、現在も快適です。
    (ミシン内のそうじは年数回・注油は年1回)

    調子が悪くなったことがないのは「ラッキー!」としか、言えませんが、
    家庭用ミシンは数回買い替えていることを考えると、すごいです。
    (家庭用ミシンの買い替えは、「調子が悪くなった」以外に「新しい機能がついたのでほしくなった」などもありますが・・・)

    職業用ミシンは直線縫いのシンプルなミシンなので、新しい機能が付くことが少ないのも、買い替えしなくてすむ利点かも。



    現在発売中! ブラザーの職業用ミシン






    私の使っている職業用ミシンが、ブラザー製なのでブラザーの職業用ミシンをご紹介してしまいましたが、
    他のメーカーさんも良い職業用ミシンを販売しています。


    ミシンについては、書きたいことがたくさんあります。続きは次回に・・・



    ラ・スーラのお店は
    こちらからどうぞ



    ブログランキング・にほんブログ村へ





    posted by スーラ at 15:42| ソーイングのこつ | 更新情報をチェックする

    2013年08月22日

    おすすめ道具 リッパー

    ラ・スーラのお店は
    こちらからどうぞ



    お洋服を作っていて、一番、時間がかかること・・・

    ずばり!糸をほどくとき・・・

    縫い間違って、糸をほどく作業は縫いの3倍・4倍の時間がかかります。

    ソーイングの作り方説明書をじっくり読んでから縫うことが大切ですが、

    間違って縫ってしまったときは、落ち込まずに、ささっとほどいてしまいしょう


    この時に活躍するのが、「リッパー

    005.jpg

    先が細いので細かい縫い目も簡単にすくえます。


    ところどころを、リッパーで切りながら、ほどきます。

    はさみは生地も切ってしまいがちなので、神経使います。

    リッパーで糸だけをすくい、ぶちっと切るのは、結構楽しい。

    006.jpg




    私はソーイングの時にリッパーがないと

    いらいらしてしまうので(縫い直し多いです・・・)、

    いつも手元に2本置いて作業しています


    リッパーって小さいからすぐにどこかに隠れてしまうのよね・・・


    2本も必要はないけれど1本は常備して使ってみてください

    (リッパーは、小学生の時の家庭科のソーイング道具箱の中に入っています。
    えっ ソーイング道具箱? もうないよ・・・ という方! それが普通です)

    面倒なやり直しも、ちょっとは楽しくなるかも・・・ぴかぴか(新しい)




    最後までお読みいただきありがとうございました。
    もしよろしければ、クリックお願いします。(とても励みになります)
    ブログランキング・にほんブログ村へ





    posted by スーラ at 16:55| ソーイングのこつ | 更新情報をチェックする

    2013年07月19日

    「ポケットやベルト通しの端始末」 について



    ラ・スーラのお店は
    こちらからどうぞ



    「ダブルウエストパンツ 70〜90サイズ」
    270p8wpa.jpg


    ポケットの周囲やベルト通しの生地端の処理 はどうしていますか?

    当店のレシピでは、端始末はしていません。

    「ロック始末やジグザグステッチをした方がいいでしょうか?」
    という質問を時々頂きますので、ちょっと書いてみます。


    基本的には、「ポケットの周囲」の始末はなし です。

    ロック始末やジグザグステッチをすると、
    ポケットの形に折る時、角の重なり部分がゴロゴロしますし、
    薄手の生地はアイロン掛けすると表にひびきます

    既製服もロック始末がないものが多いです。

    生地の端は確かにほつれやすいです。
    しかし、生地は全部ほつれてしまうわけではありません。
    一定量ほつれたら、後はほつれませんので、安心してください。

    しかし、ソーイングは自分の好きなように
    アレンジできることも楽しみのひとつです。

    ロック始末やジグザグステッチをした方が、
    安心な方はしていただいてOKです。


    私も、小さなポケットの端始末はしませんが、
    バッグなどの大きなポケットはロック始末をしたりします。
    (まあ、その時の気分ですが・・・)



    もう一つ、「ベルト通し」の端始末

    270p9wpa.jpg

    既製品はロック始末がしてあるもの、始末なしのもの色々です。
    当店では、ベルト通しの始末はしていません。


    理由@ ベルト通しは小さいので、ジグザグステッチがかけにくい

    理由A ベルト通しを縫う部分は生地が重なるので、縫いにくくなります(ミシンにパワーが必要)
    ジグザグステッチをすると、その分生地が厚くなるので、少しでも薄くするため、ジグザグステッチなしに。

    理由B 端始末をしなくてもほどけにくいように、ステッチを多めに入れています
    (デザイン的にも、ステッチを増やした方がビシッとかっこよくなり、私は好きです) 


    しかし、こちらも絶対に「ロック始末やジグザグステッチをしたらだめ!」と
    いうことではありませんので、お好みで判断してください。







    最後までお読みいただきありがとうございました。
    もしよろしければ、クリックお願いします。
    (とても励みになります)

    ブログランキング・にほんブログ村へ





    posted by スーラ at 17:46| ソーイングのこつ | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。